元氣米の松ちゃんブログ

テレビの健康番組「こんな私は何を食べればいいですか?」で血糖値についての話題になった時、MCの長嶋さんが「俺はピロール米を食べてる!」って言ってました。
今年のさといもは不作でした。 なぜか、芋が小さくて大きくならなかったようです。

夏から秋にお米についていた虫たち、特にカメムシは今どうしてるのでしょう?  実は、雑草に取り付いています。冬を越すためです。だから、昔は野焼きをしました。
めっきりと寒くなってきました。 そろそろ、冬支度が必要です。 車のタイヤ交換、我が家の雪囲い。

田んぼでやらなきゃならないことも残っていますがコンバインのメンテナンスも必要です。もちろん、稲刈りのあと、きれいにしています。
田んぼの作業は一区切りつきましたので、ピロール野菜の収穫に汗を流しております。

今年のピロール米は上出来です。 pH7.3は久しぶりです。 コンバインで稲刈りするので、たんぼが柔らかいとうまく刈れません。
里芋を掘るのは、土が乾いていないと、たいへんなんです。 乾いていると、掘るのも力が要らず、株から土を落とすのも楽にできます。

稲刈りが終わると来年のための作業が始まります。まず、稲わらが腐るように窒素を供給、私の場合は、有機質を補給する目的もあるので、牛糞堆肥1tと発酵鶏糞90kgを散布します。
稲刈りが終わったら稲わらをすきこむのですが、稲わらの腐熟を促進するために、鶏糞を散布します。 けっこうな量をまくので、人力ではたいへんです。

さらに表示する