· 

自分でできる健康作りまずは食事の取り方

「病は気から」、「いのちの元は食べ物」あなたのからだは、あなたの人生そのものです。

 

健康の源は食・動・心(気)の人間の基本的な営みの調和にこそあり、これを無視して、

いくら薬や手術などの化学療法、手術を施しても人は健康を獲得できません。 

健康は心のもち方、食事・栄養、運動で決まります。

「病は気から」、「いのちの元は食べ物」あなたのからだは、あなたの人生そのものです。

 

健康の源は食・動・心(気)の人間の基本的な営みの調和にこそあり、これを無視して、

いくら薬や手術などの化学療法、手術を施しても人は健康を獲得できません。 

健康は心のもち方、食事・栄養、運動で決まります。

◎健康な食事とは、穀類・菜食中心に食べる

 

肉・牛乳・卵は 人間の体に合わない、先祖が農耕民族の日本人には合っていません。

アレルギーや花粉症の人が多くなったのもこのあたりに、原因があるのかもしれません。

肉、牛乳、卵、こういった動物性の高脂肪・高蛋白食品は、基本的に人間の体に合わない。

 

「栄養過多で栄養失調」になっている

こうした食品は、アレルギーや動脈硬化、体の中に酸化物質が増えて疲労しやすくなること、また、がんの要因になることなどが認められています。

 

肉や牛乳は消化に悪くお腹の中で腐りやすい。

その結果、人間にとってはアレルギーも起こしやすいし、便秘や、がんにもなりやすい。

いくら栄養価が高くても、体内で消化吸収できないものはだめです。

 

ピロール農法でつくられたお米は、弱アルカリ性のお米です。

カラダは、弱アルカリ性で保たれています。

肉などの酸性食物をたくさん食べると、カラダは酸性に傾きます。

それを防ぐために、カルシウムを使って弱アルカリ性に保つているのです。

カルシウムが不足すると、骨などを削って弱アルカリに保っています。

 

微量栄養素不足になっています。

反面、肉、牛乳、卵等動物性の高脂肪・高蛋白食品過多で病気になっているのです。

あなたのからだはあなたの食べたものから出来ています。

健康の為に食べ方を考えたいものですね。

トップに戻る