緊張型頭痛の改善には、鎮痛薬や筋肉の緊張を緩和する筋弛緩薬、漢方薬などで痛みを和らげ、必要に応じて不安やストレスを取り除くための抗うつ薬などを用いた薬物療法があるが、薬は対症療法であり、特に鎮痛剤や抗うつ薬の多用には副作用もあるため注意が必要である。根本的な解決のためには、緊張を高めないようリラックスできる時間を持ち、生活習慣そのものを改善することが大切、生活習慣の見直しが基本です。
自己免疫疾患の治療は、がん治療より難しいかもしれません。自己免疫疾患とは、本来は外敵を攻撃するはずの免疫細胞が、過敏に働き正常なカラダに攻撃し炎症をおこしているのです。親からの遺伝、生活環境、食事などが影響を与えています。医者も手こずっておられます

ちょこ搗き玄米の炊き方 玄米が上手に炊けない、玄米は固くて食べにくい。 どれだけ体に良いものでも、美味しく食べられなくては長続きしません。そこで、ちょこ搗き元氣玄米を上手に、美味しく炊き上げ方法を伝授します。
人は毎日食事を摂取しています。そして、胃や腸で消化され吸収されなかった不要なものを便として排泄しています。しかし、便秘のため便が排泄されないと、腸内で便に含まれている水分が再吸収されてしまい、ますます出にくい硬めの便になってしまったり、腸内の悪玉菌が増加し、ますます腸内環境が悪化してしまったりと悪循環に陥ります。

自律神経には、交感神経(起きている時の神経・緊張している時の神経)と副交感神経(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)があります。自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、みなさんの意思とは関係なく24時間働き続けています。心や体の調子に変わります。
全身の免疫細胞の7割が腸に集まっています。腸内フローラの状態が悪いと、肥満、糖尿病、動脈硬化、アレルギーなどの生活習慣病、ガンなどかかわっているそうです。腸内細菌は食べたものの消化吸収に大きな役割を持っております。腸内細菌は1000種類以上100兆個いるといわれています。 現代は、“細菌たち”には良くない時代です。加工品、添加物、防腐剤、水道水の塩素などの影響を受け、細菌が生きにくい腸内環境になっています。

自己免疫疾患を改善させる方法の一つに、自然治癒力で、自然に治癒していけばいいんです。 「自然治癒力」には、「恒常性維持機能」、「自己再生機能」、「自己防衛機能」があります。「恒常性維持機能」とは、さまざまな環境の変化に対応して、内部状態を一定に保って生存を維持する機能のこと。
自己免疫疾患とは、自己の生体成分や細胞を「遺物」と誤認識することにより、自己の細胞や組織を攻撃してしまう。

 まじめで・責任感が強く・完ぺき主義で・人からの評価も高く・道徳観も強い人などに多いといわれています。 人からの依頼を断れずに、たくさんの仕事をかかえ込んでしまったり、柔軟に臨機応変な対応が出来ずに自分を追い込んでしまったり。結局は、ストレスをため込んでしまって、こころのバランスを崩してしまうこともあるようです。
現代社会では、偏食が多くなり、否応なく農薬や食品添加物、公害の影響下にあり、腸内バランスが悪くなる傾向にあります。善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いと、便排出不全などの生体に悪影響を及ぼし、長期間続くと、各種疾患に罹患しやすくなる。

さらに表示する