腸内細菌が血糖コントロールに関与していて、糖尿病の発症リスクの高い人は、血糖コントロールと腸内細菌には強い関連があるといわれています。糖尿病を改善するには、アッカーマンシアの善玉菌を腸内フローラの中に増やす必要があります」。
「見た目年齢」を若々しく保つことは、努力すれば可能です! そんなアンチエイジングで最近話題の「糖化」に注目。糖化とは、身体に中でタンパク質と余分な糖が結びついて、タンパク質が変性、劣化してAGEs(蛋白糖化最終生成物)という名の老化物質(悪玉物質)を生成する反応のことです。

睡眠の質を高める入浴法についてまず重要なのは、自律神経のスイッチを副交感神経に切り替えること。体が興奮状態のままでは、リラックスして体を休めることは困難。
腸内細菌が正常な腸内バランスを保っていれば、人間にマイナスの影響を及ぼさないものが、異常な腸内細菌バランス、つまり腸内細菌の乱れた状態に陥れば、腸内細菌の暴走が起こり病気に導いてしまうのです。

小腸に腸内細菌が異常に増え、腹部の張り、ガス、下痢、便秘を招く小腸内細菌増殖症が発症することがわかってきました。腸内細菌の過剰増殖で小腸に深刻な炎症が起きていることがわかったのです。小腸で起きた火事は飛び火して全身に悪影響を与えます。体のどこかに慢性的な炎症が起きていることは老化を早めると言われています。
栄養素は、体内では細胞内のミトコンドリアで行われるエネルギー源の取り込みとして、様々な過程を経て分解されクエン酸になります。このクエン酸はこの後、7種類の酸に姿を変えて再びクエン酸に戻る、プロセスを繰り返します。この循環を「クエン酸サイクル」

緊張型頭痛の改善には、鎮痛薬や筋肉の緊張を緩和する筋弛緩薬、漢方薬などで痛みを和らげ、必要に応じて不安やストレスを取り除くための抗うつ薬などを用いた薬物療法があるが、薬は対症療法であり、特に鎮痛剤や抗うつ薬の多用には副作用もあるため注意が必要である。根本的な解決のためには、緊張を高めないようリラックスできる時間を持ち、生活習慣そのものを改善することが大切、生活習慣の見直しが基本です。
自己免疫疾患の治療は、がん治療より難しいかもしれません。自己免疫疾患とは、本来は外敵を攻撃するはずの免疫細胞が、過敏に働き正常なカラダに攻撃し炎症をおこしているのです。親からの遺伝、生活環境、食事などが影響を与えています。医者も手こずっておられます

ちょこ搗き玄米の炊き方 玄米が上手に炊けない、玄米は固くて食べにくい。 どれだけ体に良いものでも、美味しく食べられなくては長続きしません。そこで、ちょこ搗き元氣玄米を上手に、美味しく炊き上げ方法を伝授します。
人は毎日食事を摂取しています。そして、胃や腸で消化され吸収されなかった不要なものを便として排泄しています。しかし、便秘のため便が排泄されないと、腸内で便に含まれている水分が再吸収されてしまい、ますます出にくい硬めの便になってしまったり、腸内の悪玉菌が増加し、ますます腸内環境が悪化してしまったりと悪循環に陥ります。

さらに表示する