元氣米の松ちゃんブログ

春の盛りというか初夏のような気候になってきました。 陽気に誘われて、4月に植えつけた里芋がようやく芽を出しました。  中にはこんな里芋もあります。(写真をみてください)
長かった10連休も終わり、通常の生活に戻りましたが、連休疲れや連休ぼけが直るまもなく、今日は田植えです。8条植えですので、かなりの能率で植えられます。

私は、若いときからゴールデンウィークは田んぼです。  まず、荒かき、そして、その後代かき(植え代)をして、そのあと しばらく水をはっておきます。 そして、写真のように直播をします。
今週は、代かきの開始です。  代かきとは、耕した田んぼ(2枚目の写真)に水を入れて、田んぼを水平にすると同時に、土を柔らかく練り上げる作業です。

農家にとってこの時期は忙しいのです。 私は兼業農家なので、特に忙しいのです。 何がそんなに?  実は、先週の週末は田んぼを耕していましたが、それだけではありません。  苗を作らなければなりません。  私は苗を作る時間がないので、直播をしています。
春になって、田んぼに草がいっぱい生えてきました。趣味でやっている山菜栽培ですが、「こしあぶら」と「タラの木」に芽が出てきました。  まだ、木が小さいので、収穫はできませんが、やっぱり春の芽吹きはいいものですね!

さといもの植え付けのために畝つくりをしました。  今年は、全層に肥料を混ぜて根が伸びないと肥料が吸えないようにします。 まず、里芋用の肥料「エコ里芋名人」と「ピロールB」を1aに1本、手撒します。
今週の週末は天気が悪くて農作業はまったくだめでした。 できたのは、畦塗り機で作った畦の手直しくらいです。 あとは、畑の土に堆肥やら石灰を混ぜ込んで、今年の野菜つくりの基礎となるつちつくりを少しできたかな?

今朝は大雪でしたね!なごり雪です。 私の自宅では、5cmぐらい積もりました。 今日の農作業はすべて中止です。  3月にこのぐらい積もったのは久しぶりです。  私の記憶の中にあるということはこの20年くらいの間に1回はあったと思います。
「微生物の働きに根ざした有機農業」の研修会に参加しました。 エンドファイトという名前の微生物群は、植物の中にまで入り込んで共生し、植物の養分吸収や病気に対する耐性や虫害に対する耐性まで高めてくれるそうです。  なんでも養分をキレート化して植物が利用しやすい形にするそうです。

さらに表示する